実務者研修を介護福祉士になるために受けるには【介護福祉士実務者研修解説サイト】

実務者研修修了者はお給料が上がるの?

介護のプロフェッショナルを目指すのに、実務者研修を受講する人が増えていますが、この研修を修了した場合、お給料が上がる見込みがあるのか、気になりますね。
介護職に就いている人の給料は、看護師と比較すると、けっして高いとは言えません。介護福祉士の初任給は基本給として12万円〜14万円が相場ですから、OL並みもしくはそれ以下の給料だと思います。

 

実務者研修を修了して、この他にも介護関係の資格を有する人であれば、資格手当として3,000円〜5,000円アップする可能性はあると思いますが、介護事業所の規模や介護スタッフの数や入所者・通所者の数、地域性など様々な要素が絡み合っているので、どの程度まで給料が上がるかについては、はっきりとしたことは言えません。

 

介護事業所がショートステイなどの入所施設が完備されていれば、残業や夜勤などのスケジュールが組まれることもありますので、夜勤手当や休日手当がプラスされれば、手取りで16万円〜18万円ぐらいは支給されると思いますが、20万円以上の給料が支給されるのは難しいでしょう。

 

給料が上がるには、資格手当や夜勤手当だけではなく、実務経験のキャリアを積むことが肝心です。資格を取得していても、介護の経験がなければ給与アップは難しいでしょう。介護福祉士の年収は、250万円〜400万円とも言われていますが、地域や介護事業所の規模などにより、格差が生じています。介護のプロフェッショナルとして給与アップを目指すなら、実務経験を積むこと、スキルアップをすることですね。