実務者研修を介護福祉士になるために受けるには【介護福祉士実務者研修解説サイト】

実務者研修修了者は就職先が増えるの?

実務者研修とは、従来のホームヘルパー1級、介護職員基礎研修が廃止され、2013年4月から新たに設けられた制度で名称が変更されました。医療・介護の資格としてはもちろん、介護職―の転職・就職を目指している方には必須の資格であると言えるでしょう。

 

実務者研修は、介護職の中では上級レベルの資格であり、修了するとグループホームやデイサービスセンター、老人ホーム、老人保健施設などの介護施設への就職・転職が可能です。資格を取得したら、公共機関や介護事業所、インターネットの介護求人・転職サイトなどに登録して、お仕事を探す方法があります。

 

実務者研修を修了して、就職先が増えるというよりは、高齢化社会にともない、介護施設と介護職に携わる人のニーズが増えていることから、仕事がなくて困るということはまずありません。資格を活かして働きたいという意欲があれば、就職先・転職先はたくさんあります。

 

介護事業所では、サービス提供者責任者と呼ばれる業務があります。サービス提供責任者は、ケアワーカーやケアマネージャーと連携しながら、コーディネート業務に携わっており、訪問介護サービスやヘルパーの指導・育成、管理業務を行います。サービス提供者責任者の業務は実に幅広く、さらに生活援助や身体介護などの現場に直接的に入ることもあり、介護の現場においては必要不可欠な存在であり、重要な役割を果たしています。

 

実務者研修終了後は、正職員・パート・派遣などさまざまなワーキングスタイルで、介護施設にて勤務することが可能ですから、ライフスタイルに合わせた働き方ができます。